D51(1076・ModelsIMON)




今年は「記憶の中の鉄道風景」で羽越線のカットを特集したこともあり、裏縦貫の主といういマージがある土崎工場仕様のD51戦時型に改めて注目。これはこれで北海道のD51や9600と同じ意味で、「働く無名の男」という感じでなかなかいいなと思っていた。そうしたらこのタイプのD51がオークションに出てきた。ちょっと興味がわいたので、比較的安めに応札したらラッキーにも落札。1076号機は青森機関区で東北本線青森口で使われて、43・10で廃車になってしまったカマだが、仕様としてはかなり典型的な土崎工場仕様。裏縦貫でも、イメージは充分湧く。それに東北仕様のD51は乗工社のヤツが2輌あるので、これで3重連もできるし。なんかこうやって守備範囲が広がっちゃうのね。

(c)2016 FUJII Yoshihiko


「HOn3-1/2(1/87 12mm)の車輌一覧」にもどる

はじめにもどる
inserted by FC2 system