「夢」を大人買い

-今月のホビー日記・2018年12月-




12月9日(日)

日本鉄道模型の会の月例理事会と理事の忘年会。年が変わると、2月の年次総会から3月の池袋鉄道模型芸術祭と、弊会としては最も忙しい時期に入る。おかげさまで芸術祭も出展者の大型化傾向がみられ、連続して出展される方も前より広いスペースをご希望になるところが多い。そういう流れも鑑みて、来年3月の第4回からはもっと出展される皆さんが主体的に参加運営できるようなやり方を検討中。ひとまず方針は決まったので、詳細を詰めた上で、出展者の皆様には備品レンタルのご案内の際に合わせて発表する予定です。

12月8日(土)

昨日は一日忙しくて時間が取れなかったので、開店2日目のModelsIMON渋谷店に初めて行ってみた。場所は渋谷のIMONビルなので、久々に地上部分にもIMON直営の店が入った勘定。地下道から東宝シネマズヘはエスカレーターが通じているし、IMONビルは隣なので、いかにも行きやすいし、雨でもほぼ濡れずに行ける。7階にエレベーターで上がると、全面改装され、ModelsIMONらしいインテリアが広がっている。しかし広い。道玄坂寄りの幅の狭いところを貸レイアウトの用地とし、奥の広まったところをショップのスペースにしているのだが、ちょっとした量販店のワンフロアぐらいの広さがある。こんなに広い鉄道模型専門店は、日本では見たことがないくらい。品揃えも一段と充実。Nゲージやレイアウト用品も、ModelsIMONのどの店にもひけを取らないぐらい豊富である。あと、ウィンドウが多いので、箱モノもけっこう長編成で展示されているのが贅沢な感じ。バックヤードも相当にスペースを取っているのがわかる。非常に行きやすくなったし、シーナリー用品も揃っているので、個人的にはとても便利。でも広すぎちゃって、「ちょっと寄ってみようか」みたいな感じが起きにくくなっちゃったのはちょっと残念かも。渋谷からの帰りは2020系の2022F。来そうな予感がしたんだよね。

12月7日(金)

12月7日はわしの誕生日じゃ。で、ModelsIMON渋谷店の開店日なのだが、午前中は講義の日だし、午後も用事があるので、開店日に行けない。とはいえ、ModelsIMONで開店日に行けたのって秋葉原店ぐらいじゃないかな。で、用事の関係で今日は朝電車じゃないので、定点観測はなし。

12月6日(木)

続けて東京メトロが、日比谷線の虎の門新駅の駅名を「虎の門ヒルズ」と発表。今度は、あまり問題にされず、炎上もしていない。まあ、東京の地下鉄は戦前から三越の費用負担で「三越前駅」を作ったりとか、民営ならではのスタンスを取ってきたので、そういうものと思ってもらえるのだろうけど、今はJRも民間企業なんだよね。JRも京葉線に幕張のイオンモールのところにイオンの負担で新駅をつくるけど、あれは「イオンモール幕張新都心」になるんじゃないの。国鉄時代じゃないんだから、別にネーミングライツでも何でも、便利になれば何でもいいと思うけど。

12月5日(水)

JR東日本が、山手線品川-田町間に建設中の新駅の駅名を「高輪ゲートウェイ」としたことを記者発表。なんか炎上するような騒ぎになっている。まあこれは再開発エリアの名前自体を高輪ゲートウェイにする伏線ではないかと思われるが、民鉄的な手法だな。駅名は地名に対して結構影響力があるワリに、駅名は鉄道会社が勝手に決められるので、大規模開発する時には鉄道駅をコアにして行うと非常に有利になるというのは、東急電鉄が得意とするところ。ここはもと田町電車区と東京機関区いう鉄道の施設で、街区が全くなかったエリアなので、もともと地名がないので意外とこれでハマっちゃうんじゃないのかな。

12月4日(火)

異常に気温が上昇した一日。練馬でも25℃を越えたし、12月の最高気温記録を塗り替えた地域も多かった。「撮り」の人のBlog・SNS等を見ていると、例年ならそろそろ雪景色も出てくる頃だが、今になって紅葉の写真が真っ盛り。紅葉せずに一気に寒くなって枯れ落ちちゃうんじゃないか心配だったけど、ひとまずちゃんと色づくんだね。

12月3日(月)

妙な仕掛りを安かったんでオークションで入手。昔の電気機関車のキットね。昭和40年代の「塗装済みイージーキット」のようなところまで作ってあるにもかかわらず、そこで止まっちゃってる。けっこう頑張って作ったことはわかるが、設計に問題がありフィニッシュワークに異常に手間がかかるのが有名なキットだけに、ここで力尽きてしまったのか。ということでその仕上げ作業。窓貼りがここまで面倒なのは、珊瑚のC12に窓を貼って以来かも。おまけに電気機関車なので、ナンバーはメタルインレタを一文字づつ貼らなきゃならん。これは疲れた。3時間ぐらいかかったけど、ひとまず形になったのでおしまい。これ以上は根性が続かんよ。

12月2日(日)

今月分の「記憶の中の鉄道風景」のコンテンツを作成。今月もまた先月の続きで、苫小牧操車場の見学時に信号扱所からの撮影したカットの3回目。微妙に中途半端にカットが余ってしまったので3回目に突入してしまったのだが、テンコ盛りにすれば2回で済ますこともできた分量。なんで今回はかなりの水増し。ということで、本当にネガでの連続カットをボツなしで全部お届けします。たまにはこういうのもね。

12月1日(土)


このところ天気がいい日が続いている。特にこの数日は朝からバッチリ晴れている。ということで、本日も予定はいろいろあるので、朝のうちにフォトセッション。今度は「外側線の列車をインカーブから撮る」構図。このジオラマ、線路は40pぐらいなので2輌載せると顔が見えない。基本的に1輌しか載らないので、後ろに続く列車をどうイメージさせるかがポイントになる。でもまだいくつか撮ってない構図があるんだよね。最初から撮る向きを考えて作ったので。




(c)2018 FUJII Yoshihiko よろず表現屋


「ホビー日記」にもどる

はじめにもどる inserted by FC2 system