パソコン通信と喧嘩作法



これがなんとも不思議なものですが、300bpsのころからパソコン通信、junetのころからinternet、てなぐわいに長年この業界(笑)に関わっていると、本人が望むと望まないとに関わらず、どこでなにが起きているか、という情報はどこからともなく伝わってしまうんですよね。ほんとに、この手のウワサの伝わる速さは速い。電気信号の速さより速いんじゃないかと思われるぐらいで(爆笑)。特に、どこでどういうモメ事が起こってるかってのは速いよね。

まあ、「火事と喧嘩は江戸の華」ではないのですが、オンラインの喧嘩はパソコン通信の創世記から、常にネットワーク文化の中心で輝いてきました。そうすると、おのずと喧嘩にも流儀というモノが出てきます。中には流れを無視して、一撃離脱で自分の主張だけをくりかえす、という芸風の方もいらっしゃいますが、パソコン通信の「議論」は、やはり相手の書き込みをよーく読んで、論旨の矛盾や、説明不足、論理の飛躍等をきっちり見つけて、そこからぐりぐりとねじ込むのが基本といえるでしょう。

しかし、これをやるには、読む時間が必要です。さらに、それに対するリアクションを書く時間が必要です。もっと困ったことに、相手はいつ書き込んでくるかわかりませんから、スクランブル態勢をとる必要があります。そのためには、頻繁にアクセスし、常にチェックしていなくてはなりません。これは、とても時間がかかります。仕事で時間に追われている人には、とてもできたものではありません。

おいおい、フリーで仕事してたり、NIFTYなんかだと、SYSOPが主な収入源になってたりといった(笑)時間に自由な方か、忙中閑ありで当面は時間が余ってるとかいった人が中心になりますよね。基本的にヒマ人ですね、パソコン通信で議論なんてするのは。こればっかりは昔からそうですね。仕事してるヒトなら、mailとかはいざ知らず、ボードのところは仕事が忙しい日には読まないでしょ。特殊ユーザが喧嘩の中心で、一般民間ユーザは喧嘩とは関わらない。これはどうやら、パソコン通信の創世期から変わらない伝統のようです。

一般人にとっては「ちょっとヒマ」ぐらいの人が、やじうまになって人の喧嘩を見に行くというぐらいの楽しみですね。せいぜい。でも、NIFTYだと、やじ馬が見に行けば見に行くほど、SYSOPさんは儲かるし、この「マッチポンプ」で稼いでるんで有名なSYSOPさんもいらっしゃるぐらいですからね。わざわざ金払っていくのも、ムナしいといえばムナしいっスね。

まあSYSOPで喰うといえば、専業になっているのは少ないでしょうが、「第一種兼業SYSOP」(SYSOP収入が、収入のメイン)は、けっこういるようです。個人的にも知り合いで、創世記のパソコンライターでだったYさんなんかは、SYSOP収入のほうが多いとか言ってたし。それで最近モノ書かないし。大体初心者向けFORUMって、FAQに対応さえしていれば、あとは基本フリーソフトのダウンロードとかあるから、けっこう対応は記事書くより楽らしい。それに質問に、自動的に答える「FAQマクロ」なんて作ってそう。コマンドについてなら、割と簡単にできそう。オンラインマニュアル切り分けて、質問文中のキーワード切り出して対応づければいいわけだから。

でも、良く考えると「自分が知らないだけ」と言うコマンドは、隠しコマンドでも裏ワザでもなんでもなくて、「ただ無知だった」だけですからね。ふつう、ドキュメントにしろ、オンラインにしろ、マニュアルは読むものでしょ。いくら、読まずに聞くほうが、SYSOPが儲かって幸せになれるNIFTYかもしれませんが、そういう初心者のマナー以前の「蛮勇」には恐れ入るばかりですね。

方法はなんであっても、マッチポンプで話題を盛り上げて煽って、いろんなところから幽霊会員にアクセスさせ、利用料を拡大するというのは、NIFTYのSYSOPの基本的な行動様式の一つです。まあ、モラルとしていいことな悪いことかは別として、なんか起これば、普段はNIFTYにアクセスしないヒトが、怒涛のようにアクセスをはじめるというのは、そんなに珍しいことではないし、需要拡大という意味では、プラスですよね。

まあ、それを意図しないのにそうなっちゃったのなら、ご愁傷さまですが、そういうポリシー(笑)で実績を残していらっしゃる方もけっこういるようで、そういうイメージができるのも、悪貨は良貨を駆逐するようなモノではないかと思います。ぼくは、別にモラルを問う必要もないし、それでアクセスが活況になれば、儲かるかどうかは別としても、悪いことではないと思いますよ。パソコン通信の一つの楽しみとして。中には喧嘩が趣味ってヒトだっているんですから。

普通のヒトにとっては、BBSのコミュニケーションなんて手間ばかりかかってどうしようもないと思うでしょうが、それが好きでやってるヒト達ですからね(笑)。好きな喧嘩して、これで小使いが稼げるなんて、夢の商売でしょう。ま、近づかないで済むなら、そのほうがずっと幸せです。これはぼくが断言しますからね。


(97/01/27)



「コンピュータや通信に関連した雑文」にもどる


「Contents Index」にもどる


はじめにもどる inserted by FC2 system